ホストはヒゲ脱毛が当たり前?

歌舞伎町のホストはヒゲ脱毛が当たり前

僕たちサラリーマンでも一般的になってきたヒゲ脱毛。
歌舞伎町などで働くホストも職業柄 当たり前!と言われるほどヒゲ脱毛しています。

 

ホストクラブというと男性従業員が女性を接待する社交飲食店なので、お客さんのメインは女性です。
ホストクラブへ訪れる女性客は、癒しと非日常を求めて来店する人が多く、ホストは自分を特別扱いしてくれる王子様的存在なのです。

 

なので、ホストがヒゲ面、毛むくじゃらでは女性に嫌われてしまうので基本NGとしているお店もあるようです。
僕たち男がキャバクラで夢を求めるのと同じです(笑)

 

なぜ、こんなに詳しいかと言うと、
大学時代の友人がホストクラブでバイトしていてい、その時に色んな話しを教えてもらいました。
彼はヒゲも体毛も薄いタイプだったのと、短期のバイトというのもあって、脱毛に通う必要はなかったそうです。

モテるホストのタイプは?

お店の看板とも呼べるNo.1ホストなどを見ても、スタイルは細めで顔はジャニーズ系のモデルが人気です。ガッチリした体型の男らしさは求められないようで、キレイな男がモテるのです。

 

モデル系の男はヒゲも薄く肌もきれい。というイメージを描かれているので、そのイメージを壊さないためにも、ヒゲ脱毛しているホストがほとんどのようです。

 

中には、見習い期間を過ぎたら、お店が脱毛費用を負担してくれるところもあるのだとか!?
キャバクラよりも待遇いいですね(笑)

ヒゲが濃いと指名客にも影響する?

また、ホストにつきものなのが閉店後にお客と店外デートする「アフター」。
もし、ヒゲ脱毛をしていなかったら、出勤前(夕方)に剃ったヒゲも明け方を迎える12時間後には、うっすら生えてきたり濃い人はやっぱり青ひげ状態になってしまう場合も充分考えられます。

 

そうなると、せっかくポイント稼ぎのアフターも台無しになりお役さんも離れてしまう可能性も・・・

ヒゲだけでなく他の部位も脱毛してる

また、ヒゲ脱毛だけでなく、腕や手の甲、指とかにも気をつけているそうです。
たしかに、毛むくじゃらの手でお酒を作られたり、触れられたりするのは嫌がられそう。

 

ホストにはナルシシストの人も多く、美を追求して全身脱毛したりメンズエステに通ったりする人もいるそうです。