ゲイのおにいさんたちのヒゲ

新宿2丁目 ゲイのおにいさんたちのヒゲ事情

入社してすぐの頃、当時の上司が地方出身の僕に「社会経験」といって新宿2丁目によく連れて行ってくれました。

 

新宿2丁目と言うと、ゲイ・バーやショー・パブなどが立ち並ぶ日本最大のゲイの街。

 

ニュー・ハーフや女装家の男性(元男性)が接客する女装バーと、女装をほとんどしないゲイ・バーの2タイプに分かれます。
新宿2丁目は後者のゲイ・バーが多く、男性同性愛者だけでなく誰でも気軽に入れる楽しい場所です。

 

初めてゲイ・バーを訪れた時は、男性だけでなく女性のお客さんが多いのもびっくりしましたね。

 

ゲイの方々はとても話しが面白く、サービス精神旺盛でその場をとても盛り上げてくれてとても楽しい時間が過ごせます!

ゲイとオカマの違い

ゲイとニュー・ハーフ、オカマ違いがイマイチ分からなかったんですが、ゲイ・バーにいってはっきりしました。

 

彼ら(ゲイ)は、見た目→男、行動→男。でも恋愛対象が男性。これがゲイだそうです。

 

心→女の人は、女性になりたいと思っているので女装をします。恋愛対象はもちろん男性。このタイプの方々は、ニュー・ハーフ、オカマと呼ばれる人たちです。
マツコ・デラックスさんや、ミッツ・マングローブさん、はるな愛さんは、コチラに該当しますね。

ゲイ・バーの男の子 ほぼヒゲ面

僕がいったゲイ・バーは、ぱっと見普通のイケメン男性。
ゲイと言われなきゃ分からないです・・・

 

お店の男の子たち、みんなイケメンなんですがヒゲ率が高い!!
気になったので聞いてみたら、ゲイにウケるのは「短髪・ヒゲ・筋肉質」なんだそう。

 

僕が行ったお店は女性もストレート(異性愛者)も誰でも気軽に入れるお店ではありますが、やはりゲイのお客さんが一番多く、お気にいりの男の子と楽しそうにしています。

 

男の子たちも、自分好みの人から気に入ってもらいたいから、ゲイ ウケがいい短髪・ヒゲにしているんだそうです。

 

勝手にゲイの方々は、ヒゲもキレイに脱毛して女性っぽいのかと思っていましたが、そうではないようで・・・

 

なかなか刺激が強い体験でしたね(笑)